集合住宅で暮らす時に必要な費用

知り合いからも借りられない場合

クレジットカードで支払おう

普段は、現金で修繕積立金を支払っているかもしれません。
ですが急に値上がりした時、現金では支払えなくなる恐れがあります、
緊急事態が訪れた際は、クレジットカードで支払う方法があります。
現金以外の方法でも修繕積立金を支払える賃貸しか使えない方法なので、事前に確認しておきましょう。

自分は絶対大丈夫だと、油断しないでください。
建物が劣化するスピードによっては、入居した当初よりかなり高額な修繕積立金を請求されることが考えられます。
現金でしか支払えない賃貸では、滞納する危険性が高まります。
万が一のことも考えて、クレジットカードでも修繕積立金を支払える賃貸を選択するのがおすすめです。
賃貸を決める条件に入れましょう。

注意点に気を付けて利用する

カードローンを使えば、お金を借りられます。
最初に借りる際は、30日以内に返済すれば利子が無くなるサービスを提供しているところが多いです。
30日以内に必ず返済できるなら、カードローンを利用しても良いでしょう。
返済を1日でも過ぎると、どんどん利息が追加されて返済する金額が高くなります。
修繕積立金をしっかり支払えたのは良いですが、今度はカードローンの借金に苦しむ羽目になるかもしれません。

修繕積立金を現金で支払えない時は焦ってしまうかもしれませんが、冷静に考えて30日以内に返済できるのか判断してください。
周囲の人にお金を借りる時に比べて、リスクが高くなる方法だと言われています。
本当にどうしようもない時だけ使ってください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る