集合住宅で暮らす時に必要な費用

滞納しないよう対策を考える

相談できる人を探しておこう

賃貸で暮らす時において、修繕積立金を支払うことは義務です。
家賃と同じ扱いになります。
支払いが滞る人は、強制的に退去を命じられるので滞納しないことを心がけてください。
修繕積立金のことを考えて、自分に合う賃貸を探すことが大切です。
強制的に退去を命じられる時は、突然言われるケースが多いです。

明日には賃貸を明け渡さないといけないかもしれません。
すぐ新しい住居が見つかるとは限らないので、自分の手持ちのお金で支払うことができなかったら家族や友人に相談してください。
非常に困っていると伝えると、何とかお金を用意してくれると思います。
借金することになりますが、コツコツと返済すれば問題ありません。
計画的に返済しましょう。

トラブルを起こさないよう注意

家族や友人から修繕積立金の費用を借りる時は、きちんと約束を決めてください。
約束を決めていないと、返済する時にトラブルが起こります。
利子は必要無いと最初に言っていたのに、後から利子を請求されることがあります。
口約束だけではいけません。
文書にして、約束を残しておきましょう。
すると相手が当初の約束と異なっていることを言っていた場合、書面を見せて反論できます。

親しい関係の人と、これからも仲良くできるように細かい約束を決めてから費用を借りてください。
お互いが納得できるまで話し合いましょう。
しかし、こちらはあくまでお金を借りる側です。
自分の意見を無理に押し通そうとするのはやめてください。
相手の意見を尊重しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る